【豆知識】アメリアの国旗の豆知識




ども、ほっしゃん(@hoshiblog)です。

アメリカ国旗の豆知識気になりませんか。なりますよね。

なのでアメリカの国旗についてちょっと使える豆知識をお伝えします。

アメリカ合衆国またの名を「星条旗」というのです。

アメリカの星の数は50個

Usa1

この知識は学校で習いましたね。

星の数は50個で州を表しているということを。

赤と白の横縞は13本でこれはイギリスから独立してからずっと変わらないままです。

ほっしゃん
ということは州の数って変わってたの?
謎の男
勘がいいね!それは後ほど

青と赤と白の意味

色の意味は諸説あります。

青はガマン強さと正義、

赤はたくましさと勇気、

白は清らかな心を表しています。

ほっしゃん
「きよきよしい」って最近話題ですよね
謎の男
おいおいそれは本田選手が言った「清々しい」のことだな

アメリカの国旗デザインはパクリから始まった

アメリカは1776年7月4日イギリスから独立しました。

これが今日まで続いている独立記念日 Independence Dayの始まりになっていますね。

Usa2 アートボード 1

独立した時のアメリカの国旗です。

実はイギリス東インド会社のマネをしているんですこの国旗。

東インド会社

こちらがイギリス東インド会社

ほっしゃん
13の入植地がイギリスから独立して、この13の横縞を使ったのですね。
ほっしゃん
パクリすぎじゃんww

アメリカの国旗は州が増えるたびデザインが変わっていた

そこから1年後星のついた国旗が生まれました。

Old usa 3d

そこからアメリカは州が増えるたびに星を付け加えて、デザインを変えながら実に28回も国旗が変更されてきたのです。

ほっしゃん
初めは星で丸を作っていたんだね
謎の男
その次は星で星を作ったんだぜ

最後に

アメリカの国旗を知れば歴史もわかるんです。

今後州が増えれば国旗もまた変わるかも知れませんね。

この豆知識もまた合コンで使ってみてくださいね。




当サイト紹介

著者:ほっしゃん(@hoshiblog)

建築・車・恋愛・mac・格安SIM・おでかけ・メンタル・お金

様々なジャンルについて記事にしています

ブログ更新情報は随時Twitterで行っております。

気になる方はフォローお願いします。

スポンサーリンク




クレジットカードオススメはアマゾンカード

ポイント2.5%還元ですぐに貯まりアマゾンで買い物が楽しめます

絶対にするなよ、絶対に絶対にシェアするなよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です