必ず転職が上手くいく方法はあるのか




あなたがもしも必ず転職が上手くいくという方法があれば欲しいと思いませんか?

 

私もずっと思っていました。

 

ですが、全ての企業に採用されるということはありません。

なぜなら、それは面接官も人だからです。

 

あなたは世の中の人みんな好きですか?

そうではないですよね。

好きな人もいれば苦手だなと思う人もいますよね。

 

それと同じで、全ての企業から好かれるような人はいません。

 

 

あなたが転職してどんな事がしたいか、どのような将来設計を描いているのか

ここでマッチしているのか。

そしてあなたを採用したとして貢献してくれるのかどうなのかをチェックしているのです。

 

 

もしあなたが社長ならどんな人を採用したいですか?

どういう人なら骨があるなと思えるでしょうか?

 

 

面接で想いを伝えて、不採用なら採用基準が違っただけであり、あなたが悪いわけでないのです。

 

簡単にいうと好きなタイプが違ったという事です。

リトルほっしゃん
身近な恋愛に置き換えるとわかりやすいですね。
謎の男
恋愛経験ない人はどうすんだ!
リトルほっしゃん
他の何か適当に置き換えるか、今すぐに恋愛をするのか、想像してみたらいいのではないでしょうかね

 

 

 

大事なポイントをまとめましたので読み進めていってください。

企業選びから応募まで

ここから詳しくお伝えしていきます。

企業選びは転職サイトを活用しておりますよね?

 

転職サイトはたくさんありますのでどれがいいとは人それぞれ違いますので、なんとも言い難いですが、たくさんの転職サイトをうまく使いこなすよりも1つか2つに絞って活用した方がいいでしょう。

 

例えば転職エージェントなどを活用するのもいいでしょう。

面接通過率90%!建築・設備・土木に特化した転職支援サービス

 

ITエンジニア専門の転職エージェント【TechClipsエージェント】

 

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

転職サイトの自己紹介欄はしっかりと記入しましょう。

ここが抜けているとこの人はどんな人なのか、という事の判断ができなくなりますので、書類選考で落とされます。

面倒だからといって記載しなければ、とてももったいないです。

そこで、他の人との差をつけましょう。

履歴書、職歴書の書き方

では多くの人はつまづく自己PR、志望動機についての書き方はこの履歴書、職歴書の書き方でまとめてますのでこちらをご覧ください。

【転職】20代で転職が多い人の職務経歴書の書き方

2018.07.05

【転職】好印象を与える履歴書の正しい書き方

2018.07.05

 

面接から採用まで

約束を守る社会人としてのあり方

まず面接には時間を守る事が大切です。遅刻する人はまず不採用です。電車が遅れたとかの言い訳でも聞きません。

社会人として取引先に迷惑をかけるような素質がある人として見られます

なので遅刻は絶対にダメ。余裕を持って家を出ましょう。

やる気を見せるために、早く行けばいいのか?というと、それもダメです。

企業も暇ではないです。予定の5分前〜10分前に行くようにしましょう。

今では企業から5分前にという事を言われる事がありますので、その時はその指示に従いましょう。

リトルほっしゃん
僕は5分前にと言われると5分前ぴったりにいきます。

 

身だしなみ

身だしなみはとても大切です。人は見た目が9割というように見た目で決まる事だって大いにあります。

リトルほっしゃん
ちなみに私は名前で決まった事があります。すぐにやめましたが、その会社はwww

 

自信

これはとても大事です。自信がなければこの人大丈夫かな?と思われ落とされる事があります。

自信なんて働いていないし、わからないですよね。

そこで大事になってくるのが根拠のない自信!ではなく、根拠のある自信が大切です

 

私は活躍できる!!!っって強い想いを持つ事も大事ですがこの根拠のない自信は、もちろん不安がつきものです。

 

面接の時のとっても重要となってくる自信のつけ方

それは準備です。

謎の男
当たり前のことやん!!

面接に行く企業はどんな会社でどんなことをしてどんな実績があるのか、そしてどんな人がいるのか、代表の経歴等々をネットで調べて、気になるところや自分がいいなっと思うところを見つけましょう。

もしも店舗があり、気軽に行けるのなら、必ず行くべきです。

 

リトルほっしゃん
なんども言いますが恋愛と一緒です。あなたがまずは受ける企業のことを好きになること。好きになることであなたの行動が変わるはずです。

口癖

次に面接の時の口癖についてです。口癖は誰にでもありますので、一度自分の自己紹介を動画で撮り、改めて見て聞いてみましょう。

あるいは友人に見てもらうなどをして自分の口癖を発見し、治しましょう。

リトルほっしゃん
僕は「え〜っと」っと言うのが口癖だったので、指摘されました。

話し方

緊張すると質問に対しての答えが行方不明になる事がよくありますよね。

そうなるともうパニックになってしまって・・・。

こうならない為に結論から述べる事を心がけてみてください。

話下手な人は、で、何が言いたいの?という疑問になる事が多いです。

なので、聞かれたことに対してまずその答えを答えて、後から補足説明をしましょう。それだけで全然変わります。

素直さ、愚直さ、誠実さ

面接官は多くの人を見ています。なので人の嘘はすぐわかります。嘘はすぐバレる。

だから嘘は絶対につかないようにしましょう。

ただ実は嘘を見抜くのは46%程度と言われていて半分くらいなのです。

リトルほっしゃん
これをどうとるかはあなた次第ですけど、僕は嘘つくのはオススメしませんね。嘘をついて入って苦労しても意味がないので。

 

ただ伝え方を変えればいいだけなのですネガティブ要素があったとします。

例えばマイナス要素で転職をしたとしましょう。

体力的に辛くて。1年以内に退職しまして。。

 

これが事実だとして、この事実はしっかりと伝えた上で、ではこれからあなたはこの事実に対し、どう対応して、どのように乗り越えていくのかを述べればいいのです。

 

面接官との共通点があり高感度を持ってもらえれば採用される

共通点があれば決まってしまうことがあります。

仕事と関係ない話をして盛り上がった方が採用されさやすいと統計でも出ているのです。

なので共通点を作ることが大切なのです。

リトルほっしゃん
とはいってものなかなか共通点を見つけて会話することができませんよね。これは実に稀な例です。

 

笑顔を作る

第一印象を良くするためには笑顔が大切です。

扉を開ける前に笑顔を作って面接に挑みましょう。

 

顔の良さは実は1割程度にしかない

私は顔に自信ない、と思っている方はそんな気にしないでください。

顔は印象でいうと1割程度でしかなく、実は印象付ける上で大切なことは姿勢と服装です。

 

目を合わせる

目を合わせると有能だと思われます。基本的には目をそらさずに面接を受けましょう。

リトルほっしゃん
さすがにもらった資料に目を通すこと時はそらしてもいいです。不意にそらすようなことはやめましょうね

 

ジェスチャーを使う

ジェスチャーはとてもコミュニケーションを行う上で大切なことで、伝わりやすいです。

アメリカの大統領選挙でもジェスチャーを使用して演説していますよね。伝わりやすく効果的なので、ジェスチャーを活用し説明しましょう。

 

手を触らない

手を触る行為は自信がないという心理的な行動になります。

よく手を触る方は意識をして、自分の手を触らないようにしましょう。

 

緊張してしまう時の対処法

私はよく緊張して手汗をかき、話す内容が出てこないっと思うことがよくあります。

採用された企業で面接を受けた時どうしていたか。

 

それは、どうでもいいと思うことです。

 

 

この企業に採用されないと自分はどうしたらいいのだろうか。。。

落ちたらどうしよう。。。

 

 

そうやって考えると不安になりとても緊張してしまいます。

なので、どうでもいいと思うこと実はとても大事なのです。

 

それでも不安だと思うなら・・

不安に思っている感情を紙に書き出すのです。そうすることで緊張が和らぎます。

採用されなかったらどうしよう、うまく喋れなかったらどうしよう・・・。

こういった感情を素直に書き出すことで前頭葉が働き程よい緊張感だけが残ります。

 

緊張がどうしようもない方はやってみる価値はあります。

 

 

適性検査の対策

適性検査は私はとても苦手なので、適性検査を行なっていない企業を探して受けていました。

 

適性検査のコツは正直に!

 

当たり前だろと思うかもしれませんが、ここの企業に入りたいと思っていると嘘でも良さそうなことにチェックをしてしまいがちです。

そうすると同じような質問が出てきたときに矛盾が生まれてその矛盾があると、落とされるという事もあります。

 

ただただ性格的にうちの企業には合わないなっと思い落とさせる事もあるので、こればかりはなんとも言えませんが、私の中では機械で人の性格を判断して採用する会社はどうかと思うという気持ちもあり、受けませんね。

謎の男
負け惜しみのように聞こえるぞ笑企業側も受ける方が多くそうしないと時間がかかって仕方がないんだよ

 

 

面接が終わったあとのお礼メール

 

面接が終わった後は、お礼メールを当日に送信しましょう。

お礼メールは正直送らなくても採用される人は多いですし、どっちでもいいのですが、気持ちが伝わる手段として僕はオススメしてます。

 

まとめ

いかがでしたか?準備が大切で、自分を見つめ直す期間として大切な時だと思ってしっかりと、練習して面接に挑み、採用目指して頑張りましょう。

 

 

 




当サイト紹介

著者:ほっしゃん(@hoshiblog)

建築・車・恋愛・mac・格安SIM・おでかけ・メンタル・お金

様々なジャンルについて記事にしています

ブログ更新情報は随時Twitterで行っております。

気になる方はフォローお願いします。

スポンサーリンク




クレジットカードオススメはアマゾンカード

ポイント2.5%還元ですぐに貯まりアマゾンで買い物が楽しめます

絶対にするなよ、絶対に絶対にシェアするなよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です