黄色のニュービートルヘッドライトをデイライト化出来るように取替え




ニュービートルの初期でもLED照明のデイライト化ができるという事でヘッドライトを購入しました。

 

ニュービートルの初期のヘッドライトは可愛くていいのですが、流石にくすんでいてどうもヘッドライトからちょっと年期の入った車にも見えてしまいます。

 

なのでいっそのこと変更してみようと決心し、変更する事に。

 

このヘッドライトまあまあな金額しますね。

ちなみにこれらは中が黒いタイプなので、黄色には合わないかなと思い

中が白いものを購入しました。

ヤフオクでもたまに出回っていますので、ヤフオクで購入してもいいでしょう。

 

 

このヘッドライトを取り付けて、デイライト化をするのには車内のヘッドライトスイッチをも購入しないとデイライト化にはできませんので、私は後日購入する事にします。

 

ちなみにこちらのイーゲルショップで約1万円で購入できます。

 

 

というわけでヘッドライトの取り付け方から見た目はどうなるのかをご紹介していきます。

元のニュービートルくん

なぜか写真ではヘッドライトも輝いて見えるニュービートルくん。

リトルほっしゃん
写真写りはいいやつや

 

ヘッドライト取り付け

 

まずボンネットを開けていきます。

左右両方やりますが、説明は右側だけで割愛させてください。手順は片方わかると大丈夫ですので。

リトルほっしゃん
この角度からだとヘッドライトがくすんで見えるでしょ?

ヘッドライトの裏側を見ると

 

このようになってます。

 

  1. 1を押します
  2. 1を押しながら2を上にスライとしていきます

そうするとヘッドライトが出てきますのであとはひょいと取り出すだけです。

線がつながってますのでそれを新しいヘッドライトに付け替え、取り付けとは逆の手順で行うだけでヘッドライトを取り替えすることができます。

 

何年も変えてなさそうなヘッドライトだと、とても硬くて全然動かないことがありますので、スライドする❷周辺にまんべんなく5-56を塗りつけてあげましょう。

そうすることで滑りが良くなり、取り出しやすくなります。

 

そして新品のヘッドライトは中のコードが少し長いので、中で収めるのに少し手こずります。

そこはなんとなくで、戦ってみてくださいww

 

はいこのように取り付けることができます。

 

これを反対側も取り付けることができたら、完成です。

 

完成写真はこんな感じ

 

 

 

ヘッドライトの中に水滴が付いていたので、問い合わせしてみたら、これは初期症状にあることで、1週間もすれば水滴も無くなります。

 

と言われ。

 

 

1週間待って見ると、、、。

 

 

 

治りました。

 

 

 

よかったです。

 

 

しかし完成した目がパンダみたいだなと思う今日この頃です。

 

ヘッドライトかえるだけで新しいニュービートルになった見た目になりますので、ヘッドライト霞んでいる方は変えてみるのもいいかと思いますよ。

 

 

後日、ヘッドライトのデイライト化をやっていきたい。

リトルほっしゃん
さあいつになることやら




当サイト紹介

著者:ほっしゃん(@hoshiblog)

建築・車・恋愛・mac・格安SIM・おでかけ・メンタル・お金

様々なジャンルについて記事にしています

ブログ更新情報は随時Twitterで行っております。

気になる方はフォローお願いします。

スポンサーリンク




クレジットカードオススメはアマゾンカード

ポイント2.5%還元ですぐに貯まりアマゾンで買い物が楽しめます

絶対にするなよ、絶対に絶対にシェアするなよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です