macがセーフモードでも起動しない時の原因と対処法

「やばいMacが突然おかしくなり起動しなくなった」

「再起動を繰り返して、全く使えない。」

「調べてセーフモードで起動しようとしても反応なし」

私もこの現象起こってしまったのです。

私は建築系の仕事をしてますので、図面のソフトやイラレ、フォトショ、3Dパースのソフトを使用してました。

ちなみに私が持っているのはMacBook Pro2011のPC。

このソフトを起動して作業していたら突然画面が真っ青になりました。

何をしても反応がなかったので、ここで一度シャットダウンして、もう一度起動を試みました。

そこからずーっとHPが回復していくようなメーターが上がっていくのですが、もうちょっとのところで、また再起動して、の繰り返しが永遠に続きました。

この現象はどうにかならないのか、と調べると

セーフモードで起動すればいける、という情報をゲット早速

・Shift+電源で起動してみるも、一切反応なし。

 

おいおいこれって、思春期の中2が親に対してむすっとしているかのような状況と同じじゃねーか。

こういった現象が起こった時に中2の息子、娘の対処法。そっちじゃないよ。

あなたのmacがセーフモードでも起動しない時の対処法をご紹介します。

 

セーフモード以外にも起動できる方法

セーフモードで起動しない。どうしよう。もうダメなのかな?

このようにちょっと弱気な気持ちになりませんか?

まだ可能性はあります。

ぜひ試して見てほしい他の方法があります。

別記事でまとめましたので、ご参考ください。

Macが突然落ち、再起動を繰り返してしまった時にやるべき事

2018.05.20

HDDを交換して治るパターン

こういった現象はカーネルパニックとも言われる現象です。

カーネルパニックが起こってしまうのはまずこのHDDを交換する方法で乗り越えます。

今のHDDが原因になっている可能性があるので、HDDをSSDに変えてみましょう。

 

補足説明

やり方はこちらのサイトを参考にするとわかりやすいです。

MacbookPro A1286 ハードディスク交換方法 全10行程

用意するものはSSDの他に外付けUSBケーブルと精密機器ドライバー

ちなみに私がHDDをSSDに変更してもまさかの治らないという結果になりました。

そうなったら、SSDが無駄になったんじゃ!?と思われる方安心してください。

外付けできるようにUSBコードで外付けSSDとして活用できます。データをこのSSDに入れて保存できる便利なやつに大変身します。出来なかった時はね。出来たらそれで内臓としてしようしていけば問題ないですよ。

 

SSDを買って試してみてもリスクはないので、もしこれで治りそうかなと思う方は試してみる価値ありです。

 

 

重いソフトを使用している人は間違いなくグラフィックスチップが原因

初めにも書きましたが、私の場合重いソフトを使用しすぎて落ちてうごがなくなってしまったのです。

この場合の原因は完全にグラフィックスチップが原因なのです。

グラフィックスチップは重いソフトを起動するときにだけ、働いてくれるのです。

 

Mac購入当初

フォトショップ、イラストレーターを起動

グラフィックスチップ「よし俺の出番だ」

5年後

フォトショップ、イラストレーターを起動

グラフィックスチップ「ちょっともう、しんどいわ、もう、ムリ・・・。」

 

こんな感じでグラフィックスチップがもうソフトを起動するのを諦めてしまいます。

再起動する時も、グラフィックスチップの力をかりて起動するのですが、もう諦めてしまったグラフィックスチップ君が全く言う事聞いてくれませんので、起動出来ない現象が起きているのです。

実はAppleが2013年にMacBook Pro2011年版のPCにグラフィックスチップの問題があるということでリコールを出しました。

そのとき全く通常に起動していたためリコールにも気づかずに交換してもらう事をしませんでした。

もちろん経年劣化ということも原因になっている一つなのです。

こうなってしまったら、じゃあどうしましょう。と言うことで対処法をまとめました。

グラフィックスチップが原因の時の対処法

さあもうやる気のなくなったグラフィックスチップをやる気にさせるのにはどうしたらいいでしょうか。

一番簡単な方法はやる気を出させてくれるプロに頼む。

謎の男
言い回しよ!!

修理業者に頼む!!これが一番いいです。

Macを見てくれる修理業者はパソコンドック24。親切丁寧に教えてくれます。

※ちなみにAppleに問い合わせたら、修理はできないと断られました。

 

私が修理業者に重いMacBook Proを1時間かけて持っていったが、1時間かけて何もせずに持って帰ってきた理由

私、修理業者に持っていって診断してもらいました。

結果はやはりグラフィックスチップが原因でした。

もう全くやる気がないグラフィックスチップ君と判明

ほっしゃん
僕みたいやんか。

ほんと持ち主に似るのかね。と思うくらいです。

 

修理は出来ます。

やる気ないグラフィックスチップ君をやる気にさせることができます。

おおなんとも頼もしい。

私のやる気スイッチも押してほしい。と思ってもつかの間。

 

ただ、またグラフィックスチップ君は同じ現象を起こしてしまう可能性が高いです。

 

おいおい、これって影響力ある人の話を聞いた後に、よし俺もやってやろーーー!!おっしゃー!

てバッキバキに「やる気」になっていたが、

3日経ったら、あれ、あのやる気どこいった?

 

ってなるやつと同じじゃないか!!

 

ということでこのMacBook Proのグラフィックスチップ君もそうなるんだろうと思い、時間と少しのお金と労力を無駄にして

私は新しいMacを購入することにしました。

 

最後に

グラフィックスチップが悪くなると修理しても、また再発する可能性があるにも関わらず、相場が3万円前後とそう安くもない。

もしかしたら修理して保証期間が終了した次の日にやる気がなくなって、動かなくなってしまうことを考えると、リスクが高いのです。

もしも同じ現象が起きてしまったら、私みたいに無駄な時間と労力を使わずに、賢く全く新しいMacを検討した方がいいでしょう。

Mac Book Pro新製品情報

2018年7月12日になんと新型MacBook Proが発売されました。

15インチモデルは6コアプロセッサを搭載して処理を今までの70%高速化してます。

CPUは、第8世代のIntel Coreプロセッサを搭載しており。13インチモデルは最大2倍に高速化に成功しています。セキュリティを強化するため、独自の「Apple T2チップ」を採用して安全にオンラインショッピングをすることができるのです。

ほっしゃん
Mac買わずにもうちょっと待てばよかった。泣
 

パソコン買取なら
データを整理して高速化
Mac無料回収なら

 




当サイト紹介

 

著者:ほっしゃん(@hoshiblog)

建築・車・恋愛・mac・格安SIM・おでかけ・メンタル・お金

様々なジャンルについて記事にしています

ブログ更新情報は随時Twitterで行っております。

気になる方はフォローお願いします。

スポンサーリンク




絶対にするなよ、絶対に絶対にシェアするなよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です