引っ越を考えてから引っ越すまでに絶対にすべきこととは




 

引っ越しは人生の中でも大きな変化をもたらしますよね。

 

ウキウキワクワクもありながら多少の不安もあるでしょう。

そこで住まいを探そうと決意する時から実際に引っ越し先に住むまでに少しでも不安をなくす為に、かつ賢く引っ越しできる方法をご紹介させていただきます。

何と言ってもかれこれ6回引っ越しを経験しておりますので、少しばかりは気の利いたアドバイスはできますので!!またハウスメーカーに勤めていましたので、物件に関しても気の利いたアドバイスができるかと

 

物件選び

大島てるで事故物件ではないか確認

大島てるは事故がどこでいつ起こったのかがわかるサイトになっています。大島てる

リトルほっしゃん
ただ僕のおじいちゃんが自宅で亡くなっていましたが、その記載はありませんでしたので、全てが記載されているということではなさそうですね

スーモやヤフーなどの物件にはくれぐれも注意する

スーモやヤフーは超安い物件やこんなお得な物件があるのかというくらい怪しい物件があります。

それはとても恐ろしい手口でお金を巻き上げるのです。

 

まずとても綺麗な物件、デザイナーズマンション等の物件を相場よりも破格に安く入居させます。

そして2〜3ヶ月くらいになると強制的に退去させられ、理不尽な事を言われ2〜30万円の大金を請求させられる。

そのような手口で荒稼ぎを行なっている人がいるそうです。

くれぐれもとても安い物件には注意が必要です。

 

もしも気になる物件があれば、掲載している会社に問い合わせて不安がある部分はしっかりと聞きましょう。

大家さんはどんな人なのかなぜ安いのか、という不安は全て聞く事にしましょう。

引っ越し祝い金がもらえるサイトもありますので、まずはここから考えるのも悪くないですね。

内覧の時の用意すべき物

  • スマホ

写真撮影や電波の入り具合といったところ

  • メジャー

 

内覧の時に見ておくべきポイント

  • 照明器具は付いているのか
  • エアコンは付いているのか(エアコンのコンセント、穴もしっかりチェック)
  • 掃除や手直しはしてくれるのか
  • 持っている家具が入るのかどうか(玄関からキッチンまで冷蔵庫や玄関から洗面所までに洗濯機、寝室までにベッドはという細かなところもチェックしておきましょう。)
  • コンセントの場所
  • 周辺環境
  • ゴミ出しの場所
  • 駐車場はあるのか
  • 駐輪場(お金かかるのか)
  • インターネット設備の確認

 

生活スタイルを想像しながら見て回るとイメージしやすいですね。

 

物件は結局どの間取りがいいのか

 

東向き西向き北向き南向き色々ありますよね。ズバリ言います。人それぞれです。

なのでそれぞれの特徴をまとめましたのでご判断ください。

南向き

南向きは安定的に日差しが差し込んできます。

夏は太陽の位置が高く日が直接入ってこない為太陽の光が暑いってことにはなりません。そして冬は太陽の位置が低い為日差しが入ってきて暖かいのです。

東向き

朝日が差し込んできて気持ちいいです。午後からは直接日が入ってきませんので夏は快適です。

ただ夏は日差しがきつ過ぎる事もあるので、カーテンなどの対策をすれば全く問題ないです。

その点冬は心地がいいですね。家庭菜園等にも向いていますよ。

北向き

北向きは一切日が入ってこないです。間接的に前のマンションから反射した太陽が見えたりする事がありますが、ずーっとふんわりとした感じなで、植物を育てたりするのは向いていないです。ただずーっとカーテンを閉めている家なら日光なんて必要ないですね。

洗濯物は乾きにくいです。

湿気が溜まりやすくカビが発生しやすいです。窓に結露が起こりやすいです。

西向き

午前中は全く光が入ってこないので、ふんわりとした朝を迎えます。朝日を浴びて目覚めたいという方には不向きでしょう。

午後から光が差し込んできますので、だんだん過ごしやすくなります。

西向の日差しは意外と強いです。夏は夕方の日差しでとても暑く逆光でテレビが見れないという事態に陥ります。

なので夕方からはカーテンで日差しをシャットアウトします。

洗濯物が焼けるという噂もあります。(私はありませんでしたので、そうそうないとは思いますが)

ただ、家から見る夕日がとても綺麗に見えます。

 

Point

私が一番好きなのは東向きですね。南は何かと人気で金額も高い分、東向きはそこまで高くないので。

また朝日を浴びながら朝起きる事がとても気持ちがいいので東向きが好きです。

一番苦手なのは北向きですね。植物を育てたいので、またカビが生えやすいから苦手です。

人それぞれの好みなので、夜勤の方なんかは北向きが良かったりしますし、生活スタイルに合わせた物件を選ぶ事がいいでしょう。

 

値引き

値引きは必ず行いましょう。

基本的に空いている物件を早く住んでもらいたいという大家さんの思いがあります。

1ヶ月でも早く住んでもらいたいので、多少の金額2〜5000円は多めに見積もっています。

なので、家賃の交渉、礼金の交渉は必ず行いましょう。

ただ注意しておかなければならないのは、交換条件として、今日決めてください。あるいは1週間以内に決めてくださいと、期限を切られますので、それを見越した上での値引き交渉を行ってみてください。

リトルほっしゃん
私が初めて引っ越した時は全く無知でしたので、初期費用40万円くらいかかりました。値引きしておけば良かったと後悔しています。

契約

契約するのはとても簡単です。割と皆さん不安になるかと思いますが、仕事している方、学生だけど親に保証人になってもらえる方などなど大抵の方は落ちることはないです。

リトルほっしゃん
フリーランスだと厳しいところは審査落ちてしまいますね

引っ越し

引っ越しは自分でやれる範囲であればやったほうがすごく節約になります。

また引っ越し屋も様々で、適当に運ぶアルバイトとかを雇っている引っ越し屋が多いので、きっちりしてくれるところを選びましょう。

リトルほっしゃん
ちなみに私ならアート引越センターを選びますね

そして引っ越し日に合わせて水道、電気、ガス、インターネットに事前に連絡をとり日程の予約をとります。

水道は電話だけでいけるのがほとんどですが、ガスと電気は来て手続きをしてもらわないと行けませんからこれを忘れるとお湯が出ない。電気が付かないと困りますので、ご注意ください。

ネットは今ならauひかり がとてもお得なので検討してみてください。

 

 




当サイト紹介

著者:ほっしゃん(@hoshiblog)

建築・車・恋愛・mac・格安SIM・おでかけ・メンタル・お金

様々なジャンルについて記事にしています

ブログ更新情報は随時Twitterで行っております。

気になる方はフォローお願いします。

スポンサーリンク




クレジットカードオススメはアマゾンカード

ポイント2.5%還元ですぐに貯まりアマゾンで買い物が楽しめます

絶対にするなよ、絶対に絶対にシェアするなよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です