これからの時代、派遣社員の働き方が正社員よりいい理由




一昔前では派遣の印象がすごく悪い時期がありました。
派遣切りで派遣としての働きか方はどうなんだ?というような批判的な内容が出回ったから、印象が非常に悪くなりました。

派遣切りとは何か?

経営が悪化したり、人手が多く、必要なくなると企業がまず初めに派遣社員を切ります。
これがいわゆる派遣切りというやつです。

私は派遣社員として1年半ほど、正社員として3年ほど働いてきました。
そこでみえてきた派遣の良さをお伝えします。

多くの方は正社員の働き方は良くご存知かと思います。では派遣社員の働き方はどうでしょうか?
知らない人も多いのではないでしょうか。

派遣社員として働くにはまずやるべきこと

大元の派遣会社があります。
まず、大元の派遣会社に登録をします。
何を登録するかというと、その人の情報です。どんな資格や能力があるか、そしてどんな仕事をしたいかを登録します。

中にはタッピング入力テストや、常識問題のテストを行う派遣会社もあります。

そこからその情報を基に派遣会社の方が様々な仕事を紹介してくれます。
いいと思えば派遣会社の方はそのいいと思った会社に、こんな人が御社で働きたいと言っているのですが、どうですか?みたいな感じで案内します。

もしその会社がいいね、と言ってくれると面接する事になります。面接でお互いがマッチ出来れば採用となり、晴れて働く事が出来ます。
これが大まかな流れです。

派遣としての働き方

僕の場合はCADオペという職種でしたので技術的な派遣の働き方をご紹介します。
仕事は派遣先の社員の方に指示され、その仕事をこなして、チェックしてもらう。
訂正がきてまた修正して提出。
これの繰り返しです。

派遣社員の作業

働いてからは会社にもよると思いますが毎月月末に勤務表を記入し派遣先の担当の人に承認をもらって派遣元に提出します。
僕が行っていたところは毎日勤務表的なものをネットで入力して、承認ボタンを押すだけでよかったので楽でした。
これは派遣元に提出するやつですが、それとは別に派遣社員に提出するやつはエクセル作られた勤務表を派遣先の総務の人に提出します。

派遣社員のメリット

時給が高い

派遣社員の時給は1300〜2000円くらいあります。
私が働いていた時は1500円でしたので、残業すると1.25倍22時をこえると1.5倍なので2,250円です!
なので給料は正社員より良いです。
残業があった月は月25万をもらえてました。
働き方が自分で選択できるので、残業したくない場合は残業しない会社に行けばいいのです。
派遣業法で40時間以上は働いてはダメという規則がありますので派遣先もあまり働かせないので、もっと稼ぎたい人は諦めたほうがいいです。

強みが増える

また依頼内容は少々違いますが、慣れて行くと仕事が格段に早くなり、パソコンにも強くなります。

休みが取りやすい

私が行っていた派遣先はスケジュールに休みと書いたら、連絡しなくても良かったので結構休みました(笑)

半年働いたら有給が発生しますので、有給休暇として休んでました!

有給が残れば退職時に丸々返ってくる

この制度は僕が行ってた派遣会社だけなのかな?
それを基に探してみるのもいいです。
有給残っていたら、退職時に有給×時給分が振り込まれます。
しかも有給が10日以上残っていたら、それプラス20,000円
10日未満なら10,000円プラスが貰えるのです。
なので例えば8時間が就業時間で1,500円の時給で働いて10日有給残っていたなら
8時間×1,500円×10日+20,000円=140,000万円が退職時にもらえます。
これはとてもいい制度です。

デメリット

ボーナスがない

時給なので、大型連休がある月や、2月はどうしても給料が減ります。
あと仕事が早くなったら時給だから損と感じてしまいます。
そういうときは派遣元に時給あげてほしいと要求しましょう!

馴染みずらい

大手企業に出向くので、アウェイ感がハンパないです。
私も入って3ヶ月は全然馴染めませんでした。
もちろん大きい会社だと同じ派遣社員もいますので、逆に入る前にチェックするのもいいでしょう。

派遣元はちゃんと仕事してくれない

有給休暇の場合は派遣元にファックスを送るのです。
そこで有給申請手続きをしてくれるのですが、来月の給料明細をみても有給が付いていない。
連絡したら、忘れていた。との事でした。
忘れる意味がわからないですよね。

当然普通の休み扱いでお金入ってきません。
なんの対応もしないのです。

なんでかはわかりませんが対応が悪い印象が結構あります。

会社を選ぶ時のチェックポイント

□同じ派遣社員はいるのか
□時給はいくらか
□就業時間、休み等の情報
□仕事内容
□昼休み等の休みはしっかりとれるのか
□残業時間
□男女比
□行きたい会社に行っているもしくは行っていた人の声を聞く
□どんな能力が必要なのか
□派遣元もちゃんとした会社なのか

絶対に雇ってもらえる派遣の面接にやるべきこと

派遣元がどんな人材を求めているかを要チェックしましょう。
それによって話を合わせていけばいいのです。

1人の場合

やる気ある自分を演じきる!

いや、やる気あればいいのですが、ね。

後は、働くまでに身につけるべき事はなんですか?と聞いたり、とにかくここで働きたいと思われるようなことをやりましょう。

集団の場合

僕は団体の面接も経験しました。

運が良かったのかわかりませんが、僕だけきてくれと言われました。

そんな僕がやったことは何か?

他人と全く違うことをするんです。

そして、正直に!!

集団面接は一つの質問を右からもしくは左からしていきますよね、はじめだと厳しいですが、聞かれた質問をみんなと同じ答えをすることは絶対やめましょう。

「部屋は綺麗ですか?」

そんな質問をされた事があります。

どんな質問やねん!!と思いましたが、それは心に留め5人中右から順番に答え始めました。

「綺麗です」

「まあまあ綺麗だと思います」

「母から綺麗と言われます」

と続いて、僕の番がきたので、「汚いです」と言い

次の人も「綺麗です」でした。

もうこれ勝ったなと確信しましたね。笑

こんな運のいいことはそうそうないでしょうけど、とにかく「正直に」「人とは違うこと」を発言すれば、印象に残るのです。これでいいのです。

最後に

派遣として働いてその後正社員として雇ってくれるところもあります。

正社員として働きたいのであれば、このような選択もありでしょう。
登録の時に相談してみるといいでしょう^ ^

派遣は自分の思うように働けるので働き方はすごくいいです。
あとは初めに時給交渉をして、安売りをせずに初めから高時給で雇ってもらうように出来れば最高なんじゃないでしょうか。




当サイト紹介

著者:ほっしゃん(@hoshiblog)

建築・車・恋愛・mac・格安SIM・おでかけ・メンタル・お金

様々なジャンルについて記事にしています

ブログ更新情報は随時Twitterで行っております。

気になる方はフォローお願いします。

スポンサーリンク




クレジットカードオススメはアマゾンカード

ポイント2.5%還元ですぐに貯まりアマゾンで買い物が楽しめます

絶対にするなよ、絶対に絶対にシェアするなよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です